【解説】会計士がビットコインを一瞬で理解できるよう今更ながらに解説してみた。

ビットコインとは、インターネット上でやり取りするお金のことで、「仮想通貨」や「暗号通貨」と呼ばれています。
今回はビットコインについて頭の悪い私でも理解できた言葉を使って、
誰でも分かるように時間も理解する気力もない方に向けて非常に簡単に説明したいと思います。


スポンサーリンク


このビットコインを理解するための2つのキーワードがあります。
『ブロックチェーン(電子台帳)』と『マイニング(採掘)』。
この2つを理解すればかなりビットコインについての話題が理解できるようになると思います。
従ってそれぞれについて簡単に説明していきます。

ブロックチェーンとは


ビットコイン誕生から全ての支払/受取が取引が記録された電子台帳のことを『ブロックチェーン』と言います。
『ブロックチェーン(電子台帳)』はこの世界中にコンピュータに複製されていて全て同じものを共有しています。

ここがとても個性的な所で、通常の金融機関では中央集権的にメインコンピューターで管理をしますが、
ビットコインではP2Pネットワークと呼ばれる分散型ネットワークを使って皆でで管理し合う仕組みとなっています。

取引のまとまりのことはブロックと呼ばれ、10分ごとに分散された全てのコンピュータに対して、
ブロックチェーン(電子台帳)の末尾にブロック(取引記録)を追加していく作業が行われています。

マイニング(採掘)とは


管理主体のないブロックチェーン(電子台帳)で最も問題なのは、データの改ざんです。
全員で同じブロックチェーン(電子台帳)を共有している以上、
実際に行われた取引が取り消されたり、取引が行われていないにも関わらず、
取引があったかのようにデータを処理されては、ビットコインは崩壊してしまいます。

従って、嘘のブロック(取引記録)ではない事を証明するために、各取引の正しさを証明するため、
膨大な量の計算を要求される認証作業(検算)をさせて、
検算を最初に解いた人にビットコインがもらえる仕組みを取っています。
これを鉱山を採掘する作業に例えてマイニング(採掘)と呼んでいます。

例えばある人物が悪意を持って取引データを改ざんしようと間違った認証作業の結果(検算結果)を送信した場合、
その10分間の取引に世界中にいる同じ作業をする人々が、同じように間違った解答しなければ成立しません。
つまりブロックチェーンは多数決原理で正しさを証明しています。

また、この作業は大変な労力と電力が必要になっており、ビットコインで不正をするには、
ブロックを作るための大変な労力と電気代をさらに上回る計算速度や電力が必要になり、
不正を犯す対価にしては割に合わないようにできています。

ビットコインに手を出すべきか


ビットコインに手を出したいと考える人は増えていると思いますが、
個人的な見解としては以下の理由から今から手を出すべきではないと思っています。

①価格操作が出来てしまう。
ビットコインは大量に寡占している層がおり、価格操作も出来てしまうため今から参入しても
搾取される側に回るだけです。
そもそもテレビや新聞で話題になった時点で完全に出遅れです。

②ビットコインは最も不利な雑所得
国税庁からの発表にあるように単純なビットコインの価格変動で儲けた利益は雑所得です。
つまり、ビットコインで赤字を出していたとしてもその分は考慮されず、純粋に儲けた分に対して税金がかかります。
また、税率は「総合課税」という方式のため、雑所得以外の所得もすべて合計した上で、
所得税の税率5~45%(その他に住民税もかかる)が適用され、
住民税を合わせると、利益の半分以上が税金で取られることになります。

③データ改竄のリスクは0ではない
多数決によって正しさを証明しているため、やろうと思えばデータの改竄はできてしまうため、
多数派にデータを改竄される危険はないとは言い切れません。
例え個人のデータが改竄されても多数決でその声はかき消されてしまいます。


この記事へのコメント