【FAR論点②】税効果会計(Interperiod Tax Allocation)はこれで完璧〜語呂と整理で簡単にまとめました

今回はUSCPA受験生向けに苦手な人の多い税効果会計(Interperiod Tax Allocation)を簡単にまとめました。
暗記用の語呂も載せてますので、会社の昼休みに見てください笑


スポンサーリンク

税効果会計(Interperiod Tax Allocation)とは


税法上の法人税額(income tax-current)をそのままISに載せると会計上の金額とずれるから、
法人税等調整額(income tax-deferred)で調整してちゃんと見えるように直しましょうという趣旨で行います。

I/S表示(※税率40% (1000×40%=400円が会計上のincome tax)の前提)
Income before tax          1000
income tax-current       ▲500←ココだけ税法上の基準で計算…
(実際に払う法人税)

income tax-deferred   +100←ココで±して会計上の税額に無理やり戻す!
(法人税等調整額)

Net income                    600

Income tax expense(法人税等)の要素は2つ


(total) Income tax expense=
1)income tax-current(実際に払う法人税) ⇦ taxable income×tax rateで計算
2)income tax-deferred(法人税等調整額) ⇦ DTL - DTAで計算

(仕訳)
income tax-deferred* * / DTL **
DTA ** / income tax-deferred **

語呂合わせ


デップ カップ プリプリ夫妻
(Depreciation、割賦未収金、prepaid expense、繰延税金負債=DTL)
わぁ~ あん、悲惨だ
(Warrenty liability、Unearned rent、繰延税金資産=DTA)

『源さん』は『資産』家なので、
(将来税金 (taxable income×税率) を『減算』するのが、『DTA』)
『母さん』の『負債』を返してくれた
(将来税金 (taxable income×税率) を『加算』するのが、『DTL』)

暗記しましよう


①Permanent difference(永久差異)には注意
会計上は収益(費用)だが、税法上はtaxable revenue(Deductible expense)とならない
→taxable income計算時に無視する項目
・Interest income on municipal bonds(地方債からの利息)
・Life insurance expense when corporation is beneficary(会社が受取の生命保険料、掛金)
・Life insurance proceed(生命保険受取金)
・Payment for penalty(罰金・科料)

②B/S表示
DTAとDTLは、B/S上はnon-current に分類、同一税務当局によって課されたものは相殺して表示

③使用する税率(Tax Rate)
income tax-current(=taxable income)計算時は発生時のTax rateで計算する。
income tax-deferred計算時は解消時のTax rateで計算する。

④DTAの評価引当金
収益悪化で将来軽減するほど収益出ない可能性が50%超(=more likely than not)の場合DTAを減額する。
(仕訳とは、)
income tax-deferred**/ allowance to DTA **

Loss CarrybackとCarryforward(欠損金の繰戻しと繰越し)


①Net operating loss(NOL、欠損金)
今期に発生した損失を過去2年に生じた課税所得とぶつけて相殺(Loss Carryback)するか、
将来20年に渡って発生する課税所得と相殺(Loss Carryforward)できる嬉しい制度です。

②仕訳
(Loss Carrybackの仕訳)
Income tax refund Receivable **
/ income tax benefit from operating loss carryback **
※金額は過年度に払った時の税率で求める

(Carryforwardの仕訳)
DTA **
/ income tax benefit from operating loss carryforward **

③B/S表示
Income from continuing operations (8,000()
Loss before income tax expense
Loss: income tax benefit
Benefit form Loss Carryback 1,000
Benefit form Loss Carryforward 1,000 2,000
Net loss


※注意※
・あくまで個人の理解・知識に基づくものですので、ご参考の際は自己責任でお願いします。
・間違えがあればご指摘頂けますと幸いです。
・一般的な米国会計の理解を促す記事であり、USCPA試験内容についての記載はございません。
--


この記事へのコメント