【USCPA試験対策】ちょっと注意なAUD勉強法

どーも意識高い人です!
試験〜転職活動〜監査法人に入所と目まぐるしく人生が変わっていくのを感じます❗
自分がしたい仕事をするって幸せですね✨✨✨本当に頑張って来て良かったと思います😃

今回はUSCPA受験生向けにAUD(監査論)の試験対策についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


勉強期間、使用教材など


AUD :90点
受験月:2016年10月受験
受験回数:3回
勉強期間:6ヶ月
使用教材:TACテキスト、Becker問題集、暗記用のReport一覧

最も苦労したAudit受験


AUDについては本当に苦労しました。
これに関しては、他の科目とは異質であることを理解することが大事です。

受験をして感じた私が考えるAUDの特徴、対策を書き出して見ますので、
実際の勉強の際は注意してください。

1、監査のイメージが湧かず理解しにくい


色んな内部統制や書類、手続きが出てきますが、イメージが全く湧きませんでした。
従って、無理やり丸暗記して撃沈なんてことになります⤵⤵

監査法人に入り監査を始めて物凄く(笑)腑に落ちましたが、、、
未経験者には非常に辛かったのを覚えています😵

まず講師の方は監査実務をしている方も多いのでしっかり聞いてイメージをつけましょう笑
特にaudit procedures、substantive testtest of control、business cycleあたりは。

ネットで検索したり、講師や会計士の人に知り合いが居ればガンガン話を聞いてみましょう。
監査論については、日本もアメリカも大差はないので、(実際はアメリカの方が厳しいですが)
日本の公認会計士の方のブログを見てみるのもアリです!

他の科目は問題演習中心で受かっちゃいますが、AUDはイメージつかないまま進めると効率が悪いです。
私もたまに勉強会を開いているので、そういった勉強会に参加しても面白いですね➰

2、他の科目より問題文をきちんと読まないと意図を間違える



FARやBEC、TAXは重要な数値や語句をを拾っていけば、
さらっと読んで解けてしまうため、AUDの細かい問題の聞き方に対応できない。

これについては、意識してじっくり吟味する癖をつけましょう!

3、他の科目と比べて細かい部分の暗記が必要



AUDは理論、暗記科目です💦
特にアメリカでは日本と比較して計算が苦手な人が多いらしくAUDに力を入れるため、
点数が取りにくいと言った話もあるようです。
そのためなのか、FARは手ごたえ以上に点数が取れたのにAUDは手ごたえ以上に点数が低かった人多いんじゃないでしょうか?笑

そう、まさに私です💡

他の科目と比べて細かい違いが出るため、気合いを入れなおして暗記すること❗❗
※他の科目で効率よくギリギリ合格の人はここで躓くので要注意!
※ちなみに私はFARとAUDを同時並行で同じだけ勉強したのですが、FAR75点、AUD56点でした💧💧

4、FAR合格から期間を空けずに受ける



あれ?FAR?を受けてたっけ?と間違うくらいに総合問題ではFARの知識を問われることがありますので、
出来るだけ近いうちに受けて合格してしまいましょう👊👊👊

以上
USCPA試験のちょっと注意なAUD勉強法について説明しました。

=他記事へのリンクはこちら=
【USCPA試験対策】FAR勉強方法
【USCPA試験対策】【衝撃】2週間でBECに受かったヤバい勉強法
【USCPA試験対策】USCPA試験本番~テストレットの難易度変化を気にしたら負け


この記事へのコメント