【米国公認会計士(U.S.CPA)受験記】極限状態だった仕事と勉強の両立について①

どーも、意識高い人です😃
みなさんお仕事も大変な中
今回は極限状態だった仕事と勉強の両立についてお話します❗❗

私が米国公認会計士(以後略:U.S.CPA)の勉強を始めたのは働き始めてから3年目の頃でした。


スポンサーリンク

2年目までは勢いのある素晴らしい部署で忙しいながらもやりがいを感じていたのですが、
部署異動で人間関係最悪、将来性も全くない部署へと異動になりました。
部署異動をしたいと相談するも異動は実現せず、どんどん自分の未来が暗くなって行く事を感じていました。

そんな、精神的にも限界、全てに絶望していた中で、

自分は本当は何がしたいのか…?

ずっと考えた果てに グローバル✖️プロフェッショナル という大きな軸が見えてきました。
そしてU.S.CPAという資格に行き着き、ぼんやりと考えるも

今の自分の体力、精神状態で果たして乗り切れるのか?
半年悩みました。また、何度も自問し、ひらすら考えました。

労力もお金も物凄くかかる。

営業職だから誰にも相談できない。
会計を勉強した所で営業には役に立たない。
資格を取ったからといって監査法人に入れる保証も、そもそも転職できる保証もない。

でも…

人生の全てを懸けて死ぬ気で頑張ってみよう。
今まで何事も中途半端な結果しか出せなかった大嫌いな自分を変えよう。
その日に貯めていた貯金を握りしめ、専門学校に入学手続きを出しました。

専門学校に入学手続きを出してからですが、
仕事と勉強を両立するために、自分の中で時間を決めてルーティーン化しようと考えました。

帰宅したら手洗いうがいをするのと同じように、当たり前のように勉強を習慣化することを意識しました、
私の場合の1日のスケジュールはこんな感じでした。

(平日のスケジュール)
3:00 or 4:00〜 起床・問題集演習

8:00〜 会社での業務
 〜21:00 退社

21:00〜 DVD講義視聴

24:00〜 暗記しながら就寝

スケジュールを決めたらどんなに苦しくてもこの通りに動くよう毎日自分に鞭打ちました。

忘却曲線を意識していたため、土日だけ集中して勉強するのは非常に効率が悪いと考え、
どんなに仕事が溜まっていても、時間が来れば勉強に切替え毎日勉強するよう習慣付けて
終わらせられなかった仕事と勉強の調整は土日で行なっていました。

そのため土日もずっと仕事か勉強をしている状況だったので常に走り続けていましたが、
休まないことで常に気が張っていたため、1日もサボることなく走り切ることが出来ました。

最初は仕事で疲れていて講義中に寝てしまうこともありましたが、
だんだん眠気を感じることも少なくなっていき、ある時昼休みに勉強していた時突然意識を失いましたが、
きっちりと昼休み終了前に覚醒し業務を行なっている自分がいました(笑)

途中からは移動時間も勿体なく感じ、通勤時間はもちろんのこと、
歩きながら、自転車に乗りながらウォークマンに入れていた講義を倍速で聞いていました。

また、ブラックコーヒーが大好きになり、常にブラックコーヒーを飲んでいました。
苦味とカフェインが眠気を覚ましてくれるので必須アイテムでした。

仕事は相変わらず苦しかったのですが、逆に現状を変えないといけないと強く意識することができ、
ノルマやクレームで死にそうになりながらも、
こんなとこで人生終わりたくない。。早く合格して転職しよう!と強力なエネルギー源になっていました。

以上
合格までの道のりについてまだまだ長いですが、折を見てお話しできればと思います。


この記事へのコメント

  • Yoko

    これからUSCPA受験予定のものです。6月から入社なんですね!
    私も来年合格、転職目指し頑張ります^_^
    投稿楽しみにしてますね!
    2017年05月28日 20:44
  • 意識高い人

    >Yokoさん

    ご返信が遅くなってすみません(^_^;)
    コメントありがとうございます!
    試験制度も変わって大変だと思いますが、
    問われる能力や知識は変わらないと思うので是非頑張ってください!!
    合格報告お待ちしていますね😀
    2017年07月02日 14:31