自己紹介〜これまでの経歴

どーも初めまして!意識高い人です😃
初投稿ということでまずは私の自己紹介をしたいと思います。


スポンサーリンク


失敗ばかりの学生時代


私は田舎の生まれで小中学校は野山に囲まれ、のんびりした受験や勉強とは無縁の生活を送っていました。
ただ、昔から私は弁護士や医者といったプロフェッショナルに興味があり、
大学受験では田舎の底辺高校から憧れの東京の法学部を受けましたが悲しくも撃沈しました。

妹の学費のこともあり浪人はできないということで、まさかの大阪の中堅大学の経済学部に入学し、
自分が何でこんなところに来ないと行けないんだろう?と不貞腐れながら大学生活がスタートしました。

ずっと何かしないと行けないとモヤモヤする日々が続き、大学生活にも飽きてきた頃、
公認会計士という資格に出会いました。

その頃自分の頭の悪さも理解しておらず、自分なら合格できるだろうと勘違いし、
軽い気持ちで大学2回生から友人と専門学校に行き公認会計士を目指すことにしました。

しかし、結局は会計士を目指す自分に酔っていただけで大した勉強もせず、
初めて受けた悲劇の合格率の低さの回の短答試験で撃沈、あまりの難しさに撤退しました。

大企業に入るも地獄の日々


会計士を諦めた私はとりあえずどこかの大企業に入ろうとでギリギリで就職活動戦線に突っ込み、
大手を10社ほど受けたらソフトバンク株式会社に内定を頂き意気揚々と就職しました。
この時も大企業に内定をもらった自分はすごいと思っていて就活も楽勝でしたし、
これからも何とかなるだろう!と楽勝ムードで社会人の世界へ突入…

しかしそこで待ち受けていたのは社会の厳しい洗礼でした。

法人営業職に配属され、現場に出てからは営業のあまりの辛さに血を吐く日々が始まりました。
何度も死んでしまいたいと思うくらいに苦しい日々が続き何もどんどん思考力が落ちていく最も最低な時期でした。

USCPAとの出会い


このまま終われないと踏ん張り続けるまま時が流れ…

ふとした瞬間にこれで人生良いのか…? と考え始めました。
このまま小さな島国でお世辞にも向いていない営業マンとして人生が終わって良いのか?
本当にやりたかったことは他にあったはずじゃないのか?

そんな時にたまたま知ったのがUSCPA(アメリカの公認会計士資格)でした。

物凄い衝撃💥が全身を走りました。
日本の公認会計士より使える国が多く認知度も高い、そして、英語も同時に勉強できる!

これしかない…これが自分に与えられた最後のチャンスだと直感しました。
これまで失敗ばかりだった人生を変えよう!
こうしてUSCPA合格に向けて命懸けの仕事&受験生生活が幕を開けたのです💡


この記事へのコメント